脊椎間狭窄症が改善する

とても難しいと言われる脊椎間狭窄症は手術をしても後遺症が残ることも少なくありません。

無痛気療院の患者さんの中にも病院で「脊椎間狭窄症」と診断された方が何人も来院されました。その中の一人は66歳の男性の方で、東京から見えられました。かなりひどい状態で整形外科の医師に「手術をしなければ治りません」と言われたそうです。しかし、この患者さんは、以前に心臓の手術をしているので手術だけはしたくないと言って来院されました。

症状は確かに重症で、体を半分ねじって前かがみの姿勢でやっと入って来られました。
この患者さんは、当初「自分は7割程度良くなればいいんです」と言っておられました。ところが当院の「気功リンパ整体」の施術に通われて、3ヶ月後にはすっかり痛みも取れて普通の姿勢で歩けるようになり、「正直言ってこんなに良くなるとは思っていませんでした」、「最近、歩くのが楽しみです」と、嬉しそうな笑顔でその回復ぶりに驚いておられる様子でした。

もう一人は、同じ市内の不動産屋さんのご主人で、痛みが激しいためかなり体を前倒しにして歩いておられました。この患者さんも、通院していた病院からは手術を勧められていましたが、治らない可能性も高いと言われていた様です。
この方も紹介で来院されましたが、仕事もままならないほど悪い状態でした。ご本人も日常の苦痛から逃れることを夢見て、当院へ通いつめてくださいました。週1回、約半年間来院されたこの患者さんは、ついに念願が叶い改善されました。今年頂いた年賀状には「お陰様で痛みとしびれから解放されました」という様な内容が書かれてありました。この様な報告を聞くことが最高に幸せな時です。

また、その他の症状の詳細につきましては、症状別の項目でも書いておりますのでご参照ください。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック