急性膝関節痛か変形性膝関節症?

60代の女性から突然、電話が掛かってきました。「実はいま仕事中に重いカバンを片手に持って、急いで歩いていたら、急にバランスを崩して右足を捻ってしまい、膝に激痛が走って見る見る膝の周りが腫れてきて歩けない状態になった」と。それで何とか見て貰えないかという電話でした。そして、約30分後に右足を引きずりながら来院されました。

早速、右足の膝関節に軽く手を当てて気を送りながら、腫れている太ももとふくらはぎを疎頚部のリンパ節に向かって、軽くリンパマッサージをして血液とリンパ液の流れが良くなるように「気功療法」をおこないました。すると約30分位で硬直していた筋肉がほぐれて痛みもかなり和らいで歩けるようになりました。血流がよくなり気と神経の流れがスムーズになると、即効で痛みは解消します。患者さんは、施術中ほとんど痛みを感じなかったそうです。

施術後、患者さんは少しまだ痛みがあるようでしたが、「明日、仕事を休んで様子を見て、また来ます」と言って帰られました。ところがその翌日、朝起きて歩いて見たら痛みもなく普通に歩けたので、会社に出勤して通常どおり何の違和感もなく仕事をされたとのことです。

今回の膝関節痛の原因は、長年の偏った姿勢や動作などにより骨盤と背骨が歪み、膝の筋肉が緊張し硬直していたため、ちょっと体を捻った瞬間、膝の周りの筋肉と靭帯を傷めたのではないかと思われます。ところが、すぐに来院されて施術を受けられたので即効で改善しました。しかし、もう少し時間が経過し筋肉や靭帯が固まって膝関節が変形している状態だったら、一回の施術では治らなかったのではないかと思います。

突発的に起こるギックリ腰、捻挫、肉離れ、寝違えて首が痛い等、突然、激痛に襲われた時など「気功療法」は、特に効果を発揮します。慢性的な症状より急性の方が早くよくなります。それは、意識が大きくかかわっているためですが、長年、症状がいっこうに改善しないと年のせいにしたり、どこに行っても治らないと諦めてしまうからです。

もっとも大事なことはお互いの信頼関係です。施術者の「何としても治してあげたい」という気持ちと患者さんの「治すんだ・絶対に治る」という気持ちが一致したときに劇的な変化が起こって症状は改善されるのですから。 病気を早く治すためには、心の持ち方がとても大事です。つねに意識を明るく前向きに変えて、否定しないこと、決して諦めないことです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック