顔面神経痛が2回目の施術で改善する

50代の女性が、一週間位前から顔の右半分に激痛が走り、上唇も腫れていて物が食べれず困っている、何とか痛みが取れないでしょうか、と言うことで見えました。病院に行ったら「顔面神経痛」の一種だと診断され、医師に手術は難しいと言われ、痛み止めの注射と鎮痛薬を飲んでも痛みが引かないので、翌日、接骨院に行って鍼灸治療をするも痛みが取れず、以前、無痛気療院で施術を受けた患者さんに紹介されて来院されました。

早速、「気功療法」で両手をかざして気を送りました。最初はとても触れない状態でしたが、徐々に痛みが和らぎ軽くリンパマッサージを行い、首の周りの筋肉をほぐしました。約40分位の施術で、緊張し硬直していた顔と首の筋肉が緩みました。すると、耳下腺のリンパと血流が良くなって神経を刺激しなくなり痛みが取れると、やっと患者さんに本来の笑顔が戻りました。

翌日、患者さんから弾んだ声で、「お陰様で痛みもなく、久しぶりに食べられました。明日もう一回やってもらえませんか」との電話がありました。2回目に来院された時の顔は、まるで別人の様でした。顔色も良く唇の痛みも取れて口を大きく開けても痛くない、と言って喜んでおられました。

原因は、ストレスが過剰に溜まって顔や首の周りの筋肉が緊張し硬直して、血管や神経が圧迫されて激痛に襲われたのではないかと思われます。経絡やリンパ管が圧迫されると血流が悪くなり、硬直した筋肉は頚椎を歪めてしまい、神経を刺激してさまざまな症状を伴い病気を引き起こしてしまうのです。

頚椎の歪みを矯正し、固まった筋肉がほぐれると即効で血流が良くなり、神経を圧迫しなくなるので劇的に痛みから解放されるのです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック