坐骨神経痛が気功療法で改善する

60代の女性が3年位前から坐骨神経痛がひどくて、病院や接骨院などいろんな所に通ったけど、ぜんぜん痛みがとれず、最近は、立ったり座ったりすると激痛が走り、寝返りもできない状態で困っているという事で、以前、無痛治療院で施術を受けられた方の紹介で、来院されました。

詳しく話を伺ったところ、整形外科でレントゲンを撮ったら、「坐骨神経痛」と診断されたとの事です。そして、いろんな治療を受けて、大分通ったけど、なかなか改善しないため、ほかの病院で診察を受けたら、坐骨神経が圧迫されているので、この痛みは手術をしなければ治らないと言われたそうです。しかし、手術はしたくないという事で、今度は、接骨院に行って針を打ったり、マッサージや電気治療などいろいろやったけど、やはり痛みが取れないので友人に相談したら、当院を紹介して下さったとの事でした。

症状としては、腰から右足の股関節、大腿骨、膝、足首までの筋肉と靭帯が異常に拘縮して凝り固まっていました。そのため患者さんは、足を動かすと激痛が走り、うつ伏せにも仰向けにもなれず、何とかやっと横向きになれました。早速、「気功療法」で筋肉のコリがほぐれるように気を送りました。同時にリンパ整体も行いました。患部に手を当てて気を送ると暖かくなるので、患者さんは痛みもなく気持ちがいいとおっしゃていました。

気の力で筋肉のコリが徐々にほぐれてくると、血管が圧迫されて滞っていた血液やリンパ液、それに神経や気の流れがよくなり、坐骨神経を圧迫しなくなるので、即効で痛みも緩和されます。この患者さんの場合は、長いこと痛みをかばって日常生活をされていたために、骨盤が歪んでいました。しかし、その歪みは骨が曲がっているわけではなく、偏った姿勢によって筋肉が緊張しコリを作って歪んだものなので、筋肉と靭帯が緩みほぐれると、自然に骨盤の傾斜も水平に戻るので、無理な矯正をする必要はありません。

約50分程度の施術が終わって、如何ですかと尋ねたところ、身体を動かしながら「寝返りを打っても痛くないし、立ったり座ったりしても痛くない、もっと早くくれば良かった」と言って、喜んでお帰りになりました。今回も一回の施術で痛みがとれて症状が改善されました。
ほかに椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、腰痛等でお悩みの方は、ぜひ当院の「気功整体」をお試し下さい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • エアマックス 95

    Excerpt: 坐骨神経痛が気功療法で改善する 無痛気療院(気功整体)~越谷/ウェブリブログ Weblog: エアマックス 95 racked: 2013-07-10 08:27