頸椎ヘルニアが短期間で改善する

30代の男性が、「頸椎ヘルニア」の症状がひどくなり、とても仕事が出来る状態ではなく長年、勤めていた会社も辞めて、治療に専念したいという事で来院されました。

話を伺ったところ、3か月くらい前から首から肩、さらに腕から手首まで激痛が走る。最近は手もしびれてきて、だんだん症状は悪化し腕に力が入らなくなり、物が持てなくなったとの事です。それで整形外科に行って、いろいろ検査をしたところ、「頸椎ヘルニア」と診断されたそうです。
その病院では、電気治療や牽引等のリハビリを行い、痛み止めの薬を出されたので、4・5日飲んだけど痛みが取れず、医師に相談したら手術を勧められたそうです。しかし手術はしたくないという事で、他に良い治療法はないかとインターネットで調べたところ、当院のホームページがあり、それを見て来られました。

触診してみると、首筋から肩にかけてコリがあり、鎖骨の上の部分まで筋肉が固まっていました。さらに腕から手首までの筋肉も異常に硬くなっていて、手の甲が痛みと痺れで手に力が入らないとの事でした。
その当日は、一時間ほど「気功リンパ整体」の施術を行いましたが、それだけで首がスムーズに回るようになり、運よくしびれも一回で取れました。ところが、頸椎ヘルニアの特徴は、その場で痛みが取れても、また同様の症状が戻るのです。この患者さんも同じような症状を数回、繰り返しましたが、約1か月後には、痛みもすっかり取れて、「大丈夫です、ぜんぜん痛くないです。手術をしなくて良かったです」と言って明るさと笑顔が戻り喜んで帰られました。当院で施術を受けられたのは10回くらいですが、頸椎ヘルニアの場合は、症状にもよりますが完全に治るまでには、多少の時間がかかります。しかし根気よく施術を受ければ必ず改善します。

前回も、「頸椎ヘルニア」と診断された患者さんの事を記述しましたが、主な原因は、悪い姿勢や偏った動作を取り続けることによって、首筋の筋肉が緊張し硬直して気とリンパが滞り血流が悪くなります。すると周辺の筋肉がコリになり頸椎が歪み神経を圧迫して病むのです。症状を改善するには、筋肉のコリをほぐし、血行を促進して気や神経の流れを良くしない限り治りません。
「無痛気療院」では、痛みを伴わない気功療法により、コリになっている患部に手を当てて”気のエネルギー”で筋肉を温めながらほぐし血流を促します。すると患者さんは、気の暖かさで気持ちが良くなって途中で眠ってしまわれるほどです。しかも、即効で痛みが取れますので患者さんはびっくりされます。
いろんな症状でお困りの方は是非、一度「気功リンパ整体」療法をお試しください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

2013年11月11日 13:09
こんにちは
座骨神経痛か良くわからないのですが左腰が痛いです。早く治したいのでこのサイトを見て行きたいと思いました。でも予約しないとダメだと思い探しても電話番号がわからなくて予約できません。連絡先教えてください。(´・_・`)

この記事へのトラックバック