骨折した腕が3回目の施術で上がるようになる

60代の女性が夜、帰宅途中に転んでブロック塀にぶつかり右腕の付け根を骨折して、翌日入院し手術をされたそうです。病院で診察した結果、医師に「粉砕骨折している」と言われ即、手術することになり骨折した上腕に金具を入れられて、全治3~4カ月と診断されたとのことです。
そして2週間入院して退院されたものの、右腕は激痛が走りまったく動かすことが出来ず、主治医に最初は右腕を軽く動かす(振り子運動)程度にしてください、本格的なリハビリは2カ月後になりますと言われたそうです。

この患者さんは以前、腰痛で来院されたことがある方です。今回は退院して3日目に来られましたが、骨折した右腕はパンパンに腫れていて、手の甲から指先まで内出血してむくんでいました。しかし、手術した後の治療のこともありギブスはされなかったそうです。
早速、気功療法を行いましたが、最初はとても触れる状態ではありませんでした。気功療法は、触らなくても手をかざし気を送るだけで、「気の力」によって気の流れと血液の循環がよくなり細胞が活性化するので、即効で固まっていた筋肉と靭帯がほぐれ早く動かせるようになります。

約30分程度、気を送った後、軽くリンパ整体をおこなったところ、右腕が徐々に動かせるようになりました。さらに30分くらい同様の施術を行いました。すると、右腕は金具が入ってるため、その部位は触るとまだ痛みがありましたが、腕の動きはかなり良くなって、思わず患者さんの顔に笑みがこぼれました。1回目の施術で腫れが引き内出血していた手の甲の腫れも引いて、指が動かせるようになりました。しかし、右肩の腕の付け根から上腕にかけては、腕を動かすと手術した後の傷口に痛みがあるとのことでした。

2回目も気功リンパ整体の施術を約40分程度行いました。すると、腕もだんだん上がるようになり肩の高さよりも少し上まで上がるようになりました。上腕から手の指先までの腫れは引いて指も大分動かせる状態にまで回復しました。しかし、右腕はなんとなく重い感じがするとのことで、その1週間後に3回目の施術をおこなったところ、右腕は少し肘が曲がっていましたが頭の上まで上がるようになりました。

リハビリの担当の医師から、その回復ぶりに驚いて「優秀ですね、すごいですね」と褒められ、「手術してまだ1カ月も経っていないのに、よくそこまで上げられるね」と言われ、不思議がっておられたそうです。
そして、患者さんは手術して3週間余りで両手で髪も洗えるようになったと言って喜んでおられました。現在は右腕が後ろにスムーズに回せないため、時々リハビリにも通っているとのことです。

当院では、以前にも患者さんの中で足首や手首を骨折し、ギブスが取れてすぐに来院された方が何人もいらっしゃいますが、いずれも数回の施術で動かせるようになり、医師に「不思議だ、優秀だね」と褒められたとの報告を受けています。
気功療法は、なぜ即効性があるかについては、「気功整体の概要」のところでも述べましたように骨折に限らず捻挫や怪我等に対しても「気の力」によって気血循環がよくなるのです。すると免疫力や治癒力が高まり、早く傷口がふさがったり折れた骨が早くくっついて、元の健康な状態に回復するのが気功療法の特徴でもあるのです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

szk777@i.softbank.jp
2014年02月18日 08:17
しずかっていいますσ(uωuмё)おはつですん。気功リンパ整体さんのブログ好きすぎます☆☆゚+.(★’∀’)bそれЁЁネェ.+゚☆今日は恥ずかしかったけどコメントしちゃいました(=^_^=)実は最近、気功リンパ整体さん自 身にも興 味がですね…・:*:・(*´エ`*)ウットリ・:*:もしよかったら、仲良くなりたいなってσ(uωuмё)連絡くれたら嬉しいな(о´▽`о)それじゃ待ってますです(゜ー゜*)

この記事へのトラックバック