出産後の腰痛と股関節痛が即効で改善する

30代の女性が、出産後に再発した腰痛と股関節痛で、左足全体がむくんで激痛が走るようになり、日常生活にも支障をきたすようになったということで、ご主人と一緒に来院されました。
この患者さんは、以前、妊娠8カ月くらいの時に、腰痛に悩まされて当院で施術を受けられたことがあります。
その時は、1回で痛みが取れてすぐに改善しました。そして、その後の経過も順調で1週間前に無事に出産されたそうです。
ところが、出産後に腰痛が再発して股関節が痛み、太ももから足の甲まで腫れて、左足全体が硬直し指先までパンパンにむくんでいました。そのために左足全体が重苦しくなって思うように足が上げられず歩くのが辛いということでした。

早速、「気功療法」で手をかざし経絡(気の流れ道)を調整しました。そして、腰と股関節の周りの筋肉をほぐし、血流を良くするために「リンパ整体」を行いました。しかし、むくみがひどいため、ほぐすのに多少時間がかかりましたが、約1時間ほどで終わりました。患者さんに「痛いですか?」と尋ねたところ、「痛くないです。とても気持ちが良かったです。足が軽くなりました」と言われて明るい笑顔がもどり、ご主人も安心して喜んで帰られました。
来院されて、二日後に電話で様子をお聞きしたところ、腰と股関節はぜんぜん痛みもなく、左足全体のむくみも引いて、歩くのが楽になったと言っておられました。

原因は、いろいろ考えられますが、妊娠中に同じ姿勢や動作、それに運動不足が続いたことによって、腰の周りの筋肉やじん帯が緊張し凝り固まって腰痛を引き起こし、股関節から左足全体に激痛が走るようになったのではないかと思います。
筋肉やじん帯が固くなると経絡や血管、リンパ管が圧迫されて血流障害が起こり、神経を刺激して痛みやむくみ、しびれなどが発症するのです。

さまざまな病気によって起こる痛みやむくみ、しびれなどは患部の周りの筋肉やじん帯をほぐし、血液やリンパ、それに気の流れを調整することによって、気血循環が良くなり即効で症状が解消されます。
腰痛や股関節痛、変形性膝関節症などの症状でお困りの方は、お気軽にご相談ください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック