頸椎ヘルニアが一週間で改善する

60代の女性が十日ぐらい前から首筋や肩に激痛が走るようになり、日に日に痛みがひどくなって整骨院や病院に通いいろんな治療をされたとの事です。しかし、いっこうに症状が改善されないため、整形外科へ行って検査したところ「頸椎ヘルニア」と診断されたそうです。
この女性は自営業を営んでおられますが、あまりにも痛みがひどく一週間ほど前から仕事を休んでいるとのことで、どこへ行っても痛みがとれず困っていたところ知人に紹介されて来院されました。
患者さんの話によりますと、二週間ぐらい前から首が重くて違和感があり、肩から左腕まで激痛が走るようになり近くの整骨院へ行ったら、「頸椎がずれて首が固まっているから病院でレントゲンを撮ってもらってください」と言われたそうです。
それですぐに病院で診てもらったところ、先生に「筋肉痛ですね」と言われ首に痛みどめの注射をうたれたそうです。ところが、そのあとに痛みがかえってひどくなり、頭まで痛くなってパニック状態になったとの話です。整形外科にも4・5回通い湿布したり電気治療など受けられたそうですが激痛は治まらず、痛みはひどくなるばかりで、日常生活もままならず途方にくれていたところ、偶然、当院に来られたことがある知人に紹介されて来院されたとのことでした。

早速、患者さんの骨格を正面から観てみると首、肩、背骨そして骨盤が歪んでいるのがはっきりと分かりました。それで、ちょっと首を触診したところ、首の周りの筋肉が硬直し肩から肩甲骨にかけてかちかちに固まっていました。そして少し首を左右に動かしてもらったら、左の方にはほとんど向けない状態でした。ちょっと動かすと首から左肩に激痛が走るとのことで、とても首を触れる状態ではなかったので、「気功療法」で首に両手をかざし20分ほど「気」を送ったところ、首の筋肉がゆるんで左に大分まわるようになりました。しかし、まだ肩に違和感があるとのことで、かなり首筋と肩の筋肉が凝り固まっていたため、ほぐすのに多少時間がかかりましが、さらに「気」を送りながら「気功整体」の施術を約40分ほど行いました。そして再度、左右に首を動かしてもらったところ今度は左右とも同じくらい回るようになり痛みはほとんど取れました。すると患者さんの顔がみるみる変わり笑顔で「首を回しても痛くないです。もっと早く来ればよかった」と言ってびっくりされていました。ちなみにこの患者さんは治りたい一心で一週間ほど通院されましたが、最初の5日間は連続で施術にこられて、4日目には激痛もなくなり仕事も始められたそうです。

今回の「頸椎ヘルニア」が劇的に改善されたのは、首筋や肩から肩甲骨まで凝り固まっていた筋肉やじん帯が「気の力」でほぐれた事です。それで、一気に筋肉がゆるみ滞っていた「気」の流れと血流がよくなり、神経を圧迫しなくなったために痛みが解消されたのです。
やはり、いろんな病気や身体の不調は、「気」と血流の滞りが原因で起こるということを改めて感じました。
この患者さんは、もう今ではすっかり良くなられて元の健康な状態に戻り、、一週間ほど休まれた仕事も以前と同様に元気で頑張っておられるそうです。
当院には、さまざまな病気の患者さんが見えますが、いろんな病院へ行かれても、なかなか症状が改善されない方は、是非、当院の「無痛気療整体」をお試しください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック