顎関節症

稀に顎関節症の患者さんも来院されます。少しでも大きく口を開くと痛みが出て、更に顎がずれる感じがするそうです。施術は気功で顎の周りの筋肉を弛緩させます。下記の絵をご参照ください。
画像


メインとなる筋肉は咬筋翼突筋です。これらの筋肉に硬結が起きると、関節を制御する機能が失われ障害が発生します。強い気の力は筋肉を弛緩させることが出来ますので、顎関節周辺の筋肉を弛緩させ整える事が可能です。長期に及ぶ顎関節症の方の場合は、更に広い範囲の筋肉も状態が悪くなり施術が必要となります。上記の絵では側頭筋広頚筋がこれに当たります。

「無痛気療院」では無理な矯正をすることなく改善致しますので、先ずはお気軽にご相談ください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 顎関節症と耳閉感

    Excerpt: 耳閉感とは、簡単にいえば耳がつまる感じのことです。 風邪をひいたときなど一時的になる場合は誰にでもあるそうです。 一般的には耳の異常にともなって現れる症状だといえます ... Weblog: 顎関節症に自分で出来る改善法があった! racked: 2012-11-30 07:25