慢性頭痛及び片頭痛の原因と治療

最近、当院を訪れる患者さんの中で、慢性頭痛や片頭痛で悩んでいる方が多くいます。日本人の3人に一人が苦しんでいると言われる慢性頭痛ですが、大きく分けて三つの種類があります。①片頭痛、②緊張型頭痛、③群発頭痛です。医者で片頭痛と診断されたら、その症状の特徴と自分の頭痛のタイプを知ることは、頭痛を悪化させないためにも必要なことです。

頭痛の原因はいろいろありますが、ほとんどの場合、首筋のコリや首の骨(頚椎)の歪みに問題があります。誰でも癖はありますが、偏った姿勢や動作を取り続けることによって首が緊張し、頚椎の周りの筋肉が硬直化してコリやシコリになります。すると首筋のコリによって、だんだんと首の骨が片方に引き寄せられて曲がってしまうため、血管やリンパ管が圧迫され血液とリンパ液が滞って気血循環が悪くなり、脳に酸素と栄養分が十分運ばれなくなるのが原因です。しかし、首が凝っているからと言って頚椎をいきなり矯正したり、強くもみ過ぎると返って頭痛がひどくなる場合があります。

無痛気療院では、決して無理な矯正はしません。気血循環療法によって、首に軽く手を当て押圧しながら気を送ると、固まっていた首の周りの筋肉が緩み、ほぐれるので歪んでいた頚椎が元の位置に戻るのです。
首のコリがほぐれると血管やリンパ管が拡張し血流が良くなります。すると圧迫していた経絡(気の流れ)や自律神経のバランスも正常に戻るので慢性頭痛や片頭痛も解消されます。

このように気血循環療法「気功リンパ整体」によって、慢性頭痛以外の頚椎ヘルニア・むち打ち・めまい・立ちくらみ・首こり・肩こり・背中の痛み・手のしびれ等の症状も改善されて健康を回復します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック