骨折した手の指が3日目に動くようになる

40代の男性が仕事中に手の薬指を骨折して、整形外科に行ってレントゲンを撮ったところ、薬指の第一関節が”剥離骨折”していると診断されたそうです。
この患者さんは、以前にも当院で腰痛や首・背中の痛みなどで何回か治療を受けられたことがあります。
話によりますと、「以前、腰痛や首の痛みがひどくて『気功整体』の治療を受けたら、一回で良くなったので、もしかしたら骨折でも早く治るんじゃないかと思って来ました」とのことで骨折して3日目に来院されました。
早速、診てみると右手の薬指が痛々しく包帯がまかれていて、大分腫れていました。薬指は全く動かせない状態でした。施術するにも最初の20分位は、手に触ることもできないため包帯で固定してある薬指に手をかざして、ただ淡々として気を送りました。すると約30分位経ったころ、その患者さんが今までジンジンして痛かったのが、大分痛みが引いたみたいで薬指を動かしたら少し動くようになり、包帯をほどいて薬指を見せてくれました。そうしたら薬指は内出血してかなり腫れていました。それで今度は、包帯を取ったままの状態で10分程度、気を送りました。すると少し触ってもそれほど痛くないと言われたので軽くリンパマッサージを行いました。そして「無理しないで少し薬指を動かしてみてください」と言ったら第二関節が少し曲がるようになりました。さらに気を送りながら10分位したら、第一関節も少し動かせるようになり、患者さんは「薬指を少し曲げてもあまり痛くない」と言ってびっくりされていました。
それから、さらに10分程度、同様の施術を行ったところ、右手の5本指とも完全に動くようになり親指以外の4本指が手の平につくまで曲がるようになり「痛みもほとんどありません。早く来てよかったです」と言って大変喜んで帰られました。
私も、いろんな症状の患者さんを治療してきて「気功整体」は鎮痛効果があり即効性と持続性があることはこれまでも数多く治療した経験から分かっていました。例えば、足首を骨折した方がギブスが取れた翌日にリハビリをしないで治療にみえて、一回で良くなり杖なしで普通に歩けるようになった方もいます。しかし、今回のように「剥離骨折」した指が3日目に来られて、しかも1回60分の治療で普通に動かせるようになるとは思っていませんでしたし、私自身もびっくりしました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック